yuniwa by Kotomutsu - monologue & illustration & animation
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:スポンサー広告
人からの目線がこわいと感じる。


というのも、他人の心のうちが見えてしまって同調してしまうと、心に大きな負担がかかるので。
私が他人からどう評価されるかが問題なのではなく、その人が何を考えているかが問題。
ネガティブなこと、コンプレックスにまみれていればいるほど、すごくすごくつらくなる。たとえば人の失恋した場に遭遇すると、非常に具合が悪くなって寝込むこともあった。
私はなぜか見えてしまいやすいように思うのよなあ。昔から。
へたしたらそれを感じている当人よりも受け取ってしまっているかもしれません。無意識の感情も全部拾ってしまう。
経験によるものではなくて、思えばはじめから敏感だった。

自分の存在が希薄であれば、そーやって生きるのもありだったのだろうと思います。でも私はそうではなくて自己の存在が強い。
敏感さが仇となって身のうちを侵食し合ってしまうのです。
すべてを抱え込むには容量が足りない。
私には私のやりたいことがあるのに、他人を気にせずにはいられないから困る。

人の上に立て、とたくさん言われます。
でも私はそれを望まない。
だって大変だから。
その期待を背負うことがどれだけ私にとって酷であるか、きっと周りには理解されないでしょう。それというのも、理解に及ぶ規格におさまっていない私が悪い。

他人からの期待や視線が怖いです。
それは私の大事なものを脅かすものだから。
でも一度すべてを背負わないと、きっと大事なものを守ることはできないと悟りました…
最近のことですが。

覚悟を決めなくてはならない。そのために何が犠牲になるか、わかっていても諦めなくてはならない。
最近ブログの更新が増えているのは、それだけ今が佳境なのだなと冷静に思います。
覚悟を、、、!
  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:呟き
  4. コメント:0









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。